プログラミングスクールで教えている言語について

プログラミングを学びたいと考えている人で意外に悩んでいるのが「言語」です。

世界には200以上の言語がありますが、どれを学べばよいのか困っているのです。ここでは有名なものについて説明することにします。まずプログラミング言語には「動的プログラミング」と「静的型付き」という2つの種類があります。前者の特徴は、コードを多用しないでゼロからアプリケーションを構築できますので難解なルールに従う必要がないことです。また、最高層で使用されるものですので細かいところの習得よりも言語の概要の理解に多くの時間を費やします。

ですから、早期に結果を出したいと考えている初心者に人気があります。後者の特徴は拡張性と安定性があり、保守性に優れていることです。またタイピングのチェックによる機能が厳しくエラーの抽出が容易です。ゲームエンジン、モバイルアプリケーションなどは静的で構築されているのが一般的です。スクールを決める際に注意が必要なことは、スクールで教えている言語の確認です。

言語にはそれぞれ特徴がありますので、自分がやりたいことを最初の決めておく必要があります。せっかくプログラミングスクールを決めたあとになって学びたいものがなかったでは損をすることになります。それでは有名なものを幾つか紹介します。動的プログラミング言語にはJavaScript、Ruby、Pythonなどがあり、静的型付き言語にはJava、C、C++、などがあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *