プログラミングスクールで得られる資格

プログラミングスクールで得られる資格にはどのようなものがあるのでしょうか。

実は、これはかなり多岐にわたります。プログラミングに関連した資格は数多いので、スクールで得られるものとしても数は多くなるのです。例えば、文字通りプログラムを作るためのものがありますが、プログラムを作るといってもそのための言語はいくつもありますし、一つの言語の中でもレベルが分かれているものもあります。

代表的なものとしてはJavaプログラムを作るためのJavaSE認定というものがあります。他には、C言語プログラム能力認定というものもあります。これらはいずれも非常に広く使われているプログラミング言語で、得た資格を活用できる範囲も広いでしょう。就職や転職においてもそれだけ有利になるということです。

広く使われているということもあって、レベル分けが行われていますから、簡単なものから順にステップアップすることを目指すのが良いでしょう。スクールで得られる資格は、このような直接的なプログラム言語に関するものだけではありません。より視野を広く持つというか、情報処理技術をどれだけうまく実際のニーズに合わせることができるかというような観点でのものもあります。情報技術者試験といったものがそれに当たります。この試験では、個別の言語におけるプログラム能力が問われるのではなく、プログラムはあくまで手段に過ぎないということで、それを活用して何を達成しようとするのかの総合力が問われることになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *