プログラミングスクールの探し方

平成最後の教育改革のひとつとして、学校教育でのプログラミング必修化が挙げられます。

ウィンドウズに慣れ親しんできた親世代には馴染みの薄いプログラミング教育ですが、ここ数年「子供の習い事」として注目を集めています。都市部の文教地区をはじめ、現在では大手~個人と様々なプログラミングスクールが乱立していて、どのスクールに通わせれば良いのか迷う親も多いはずです。プログラミングと聞くと、パソコンで難しい操作をする学習のように感じられますが、「〇〇をすれば〇〇のようになる」という論理的思考力を育てるための学習ですので、アプリやゲームに親しんでいる子供たちには入りやすい世界です。

ほとんどのスクールでは、簡単なゲームや動画を作成する作業からスタートし、徐々にハイレベルな内容になってゆくはずです。自作のロボットを動かすプログラムを作る、などといった子供なら飛びつきそうな内容が盛りだくさんです。スクール探しのコツとしては、体験レッスンを受けてみて、「子供の目が輝いているか」「わくわくした表情をしているか」で判断すると良いでしょう。

実践ではなく理論を並びたてて講義がメインの授業よりは、自分の手で作り上げる過程を楽しめるようなスクールを探しましょう。プログラミングは論理的思考力を育む学習ですので、学校での評価や成績は気にせず、「学習塾」ではなく「教養の習い事」と捉えて自発的に楽しく通えるようになれれば成長につながるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *