プログラミングをスクールで習得する流れ

プログラミングをスクールで習得する流れですが、体験談などを読んでいるといきなりプログラミング言語には入らないそうです。

どのようなスクールなのかにもよりますが、初心者向けのカリキュラムではまずはパソコンの使い方から勉強するようですね。PerlやRubyなどのWEBアプリケーション開発用言語の場合、まずはホームページを作成する方法を勉強したり、デザインの勉強をしてからプログラミング言語であるPerlやRubyのコード入力に入るという流れです。Javaなどの本格的な言語の場合、初心者にどのように理解させるかは難しい問題となるようです。

学校でプログラミング言語が教えられるようになったのは最近のことですので、まだノウハウなどが蓄積されていないという問題もあります。小学校・中学校の義務教育で必修化される未来が近づいてきていますので、将来的にはノウハウが蓄積され、もっと教えやすくなると思われますが、それはまだ先の未来です。現時点ではスクール選びは慎重に行ったほうがいいかもしれません。

しかし、ノウハウが蓄積されていないということはデメリットである反面で、まだ習得している人が少ないというメリットでもあります。習得している人が少ないということは、需要のあるエンジニアになりやすいということでもあります。希少価値の高い人材になるチャンスですので、興味がある人は積極的にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。インターネットが普及してからまだ間もなく、これから時代はどんどん変わっていきます。最先端技術を学ぶことはビジネスの役にも立ちます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *