プログラミングスクールの選び方

現在、プログラミングスクールが子供たちの習い事のなかで人気となっています。

その理由は、2020年以降施行される学習指導要領改定案のなかでプログラミング教育が必須化されることがあります。日本ではIT関連の仕事に従事する人材の不足が以前から指摘されており、今後もその労働人口が減少することが予測されています。そういった状況から、ITに強い人材を社会が求める時代になっており、国をあげての人材育成が急務となっています。世界ではすでに日本に先行して子供たちのIT教育への取り組みが始められていますが、その背景はやはり日本と同様にITに精通した人材の不足があります。

つまり、プログラミングスクールを通うことで、将来的には日本だけではなく世界各国まで活躍の場を広げることが可能となります。プログラミングスクールは、小学生から社会人までどなたであれ通うことが可能です。しかし、授業料が高めに設定されているところもあり気軽に通おうと思えない点がマイナス要素でした。小学生では、もちろん基礎から教えることから始まりそしてスマートフォンアプリの作成を行ったり発表会を実施したりという授業を行うとところもあります。また、最近では授業料無料のプログラミングスクールも増加しています。

スクールに通った生徒を企業側へ即戦力として仲介するため、その仲介料で運営することが可能となっています。小学校の必須化に備えて通うのか、社会人として転職を目的として通うのかによって学ぶ場所を選択することが重要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *