プログラミングスクールと独学の特徴

プログラミングスクールは習い事の一つです。

スクールですので実際に手取り足取り教えてもらえる点にその特徴があります。初心者にとっては難しそうにみえることでも、わからないことを質問したり、生徒同士の交流から情報を得ることができます。受講形式は、マンツーマン形式で教えているのか、一対複数の形式で教えているのかに分かれます。最近では、オンラインで教えてくれるところもあり、それぞれ好みの学習スタイルにあったを選択することができます。

他の学習スタイルには、市販のテキストを使った独学があります。この場合、わからないことがあっても質問できませんし、そもそも何が分からないかがわからないという状態になりやすい特徴があります。ある程度プログラミングの知識があり、自力で検索するなどして不明な点を解決していける人には、費用面からいっても有益な選択肢の一つです。独学にせよ、通学にせよ、自らの学習スタイルに合った方を選択することが必要です。

ただし、どちらかに固定する必要はなく、自身の学習進度によって途中から学習スタイルを切り替えることも可能です。例えば、最初は市販の文法書で基本的なことを学んでからプログラミングスクールに通ったり、逆に、最初はスクールで手取り足取り教えてもらって、ある程度プログラミングが理解できた段階で独学に切り替えるというスタイルもあります。現在は、様々な選択肢がありますので、プログラミングを学びやすい環境となっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *